スポンサードリンク

痩せる習慣

痩せる習慣は『運動』『食事制限』と『ある行動』の3本柱から

「河川敷を走るランナー河川敷を走るランナー」のフリー写真素材を拡大

痩せる習慣逆に太る習慣とは
どのようなものなのでしょうか。

 

同じような食事生活習慣をしている人でも、
痩せていく人もいれば、
何故か自分は太っていく・・
なんてことがありますよね。

 

自分が何気なくしている行動が、
太りやすい習慣では困ります。

 

また簡単に取り入れられる、
痩せる習慣があるのなら
是非取り入れたいものです。

 

そこで痩せる習慣の取り入れ方を
3本の柱からみていきましょう。

 

■1つ目の柱:『運動』を日常に取り入れる

「鉄棒の練習するよ!」のフリー写真素材

 

誰もが知っている事実だとは思いますが、
やはりダイエット運動はとても重要です。

 

運動にはカロリー
消費するという側面だけでなく、
筋力をつけることで、
基礎代謝を上げることができます。

 

また、ストレス解消や、
様々な人とコミュニケーション
取れる場にもなり非常に重要なものです。

 

しかし、仕事で帰りが遅かったり、
家事などで疲れ切った体で、
運動をすることが非常に辛いことも確かです。

 

そこで考えたいのが、
日常生活で習慣として少しずつ
運動を取り入れていくという方法です。

 

・階段を使う
・一駅分歩く

 

などです。

 

体重50kgの人が階段を1登るだけで、
7kcal消費すると言われています。

 

通勤の往復で2,3箇所階段があれば、
7kcal×3箇所×20日=420kcalです。

 

このような積み重ねが
痩せる習慣の第一歩であり、
ダイエットに成功している人が
行なっていることなのです。

 

■2つ目の柱:『食事』の見直し

「朝食を食べながらニュースアプリをチェック朝食を食べながらニュースアプリをチェック」のフリー写真素材を拡大

やはり痩せたいのなら食生活の
見直しが必須でしょう。

 

◯摂取カロリーの可視化

 

まずは現状の1日の摂取カロリー
可視化して確認してみることです。

 

成人女性でおおよそ1800kcal
成人男性でおおよそ2300kcal

 

個人差はありますが、
一般的にこれらの数値に収まっていれば、
現状維持もしくは痩せていきますし。
超えていれば当然のことながら太っていくのです。

 

意識しないとわからないのですが、
あまり食べていないと思っていても、
チェックしていくと、
意外に間食をしていたり清涼飲料水
それなりのカロリーを摂取していることがわかります。

 

◯食べる順番を意識する

 

食事でもう一点注意しなければならないのが、
食べる順番です。

 

食事で摂取したものは
体内でに変わり血液中を流れます。
これが血糖値が上がるという状態です。

 

この血糖値の上がり方が極端な場合、
インシュリンというホルモンが分泌され、
血糖値を下げようとします。

 

しかし、このインシュリンには
他にも作用があり、
それが問題なのです。

 

実はこのインシュリン、
脂肪を作り、
更には脂肪細胞の
分解を抑制

する働きがあるのです。

 

つまり、血糖値急激に上げないようにし、
インシュリンの分泌を抑えることが重要なのです。

 

そこで食べる順番です。

 

食べ物には血糖値の上がりやすいものや、
逆に血糖値の上昇を抑える食べ物があります。

 

血糖値の上昇を抑えるものを先に食べることで、
血糖値の上がりやすいものを食べても、
急激な上昇を抑えることができるわけです。

 

上昇を抑える食べ物として
食物繊維の多い野菜や、
豆類などがありますので、
なるべくサラダ豆類
最初に食べる習慣を作りましょう。

 

■3つ目の柱:『睡眠』時間とダイエットの関係

「ふかふかのお布団は気持ちいにゃ~ふかふかのお布団は気持ちいにゃ~」のフリー写真素材を拡大

睡眠が生きる上で重要なことであることは
誰しもがわかっていることです。

 

しかし、睡眠が痩せるということに関しても、
重要な役割を果たすということを認識している人は、
あまり多くないのではないでしょうか。

 

睡眠がどのように痩せる事に関与してくるのか。
その答えはレプチングレリン
というホルモンにあります。

 

◯レプチンとは

脂肪細胞から分泌されるホルモンで、
食事後に満腹中枢を刺激し、
食欲の抑制をしてくれます。
更にはエネルギーの消費を高める効果もあります。

 

◯グレリンとは

胃から分泌されるホルモンで、
食欲を増加させ、
脂肪組織を増加させます。


 

このレプチンとグレリン。
レプチン
睡眠時間が短くなると減り、

グレリン
睡眠時間が短くなると増えます。

 

つまり不規則な生活で、
睡眠時間が減ると、
自然と太りやすくなるようになっているのです。

 

とはいえ、好きで睡眠時間削っている人は
いないでしょう。
仕事や環境が原因でどうしても
睡眠時間を安定して取れないという方に
試してみてほしいサプリ

 

↓↓↓

 

スイッチーナ

 

■不規則な生活のダイエットを助けるスイッチーナ

 

 

スイッチーナには、
不規則な生活によって減るレプチンを増やし
不規則な生活によって増えるグレリンを減らす
効果があります。

 

また睡眠自体のを上げるために、
リラックス効果があり、
代謝を上げるために不可欠な
ビタミンB群も配合しているため、
質の良い睡眠を作り、
痩せる手助けもしてくれるというわけです。

 

これなら忙しい社会人の方も
睡眠時間を無理に増やさず、
痩せやすい体を作ることができます。

 

■痩せる習慣は小さなな積み重ねが重要

 

痩せるということを意識すると、
激しい運動や、
厳しい食事制限
思い浮かべる人が多いと思います。

 

一時的に痩せるという意味であれば、
それでも十分かもしれませんが、
負担の大きいものは
リバウンドの心配も大きいですし、
維持するという観点でも非常に難しいです。

 

しっかりと痩せて、
それをキープするのであれば、
無理なく小さなことの習慣化が必須です。

 

意識的に階段を使う
野菜豆類から食べる。
睡眠時間を確保する。
これが基本なのです。

 

しかしなかなか全てをすぐにこなすことは難しい
場合もあるでしょう。
そんな時はサプリの手を借りて
確実に痩せるという選択肢もあるのです。

 

↓↓↓

 

スイッチーナ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



スポンサードリンク